広告の質と量、どちらを優先させるか?

心理学では、
人間の記憶にとどめるために、
量を重視するのを「リハーサル処理説」、

 

質を重視するのを、
「処理水準説」と呼んでいます。

 

この二つを英単語を覚える場合に例えて説明すると

  • 質を重視する「処理水準説」

単語を手書きしたり例文を作るなど手間をかけることで
記憶効果を高めるという説。

 

  • 量を重視する「リハーサル処理説」

単語を一日に3回、一ヵ月繰り返して暗唱することで
記憶効果を高めるという説。

 

 

それでは実際の広告ではどうなるかというと、

 

質を重視する場合は、
企業イメージやブランディングを目的にした場合に効果的。

具体的には、ストーリー仕立ての連続ものや、
メタファー(比喩)を使ったもの。

ソフトバンクの「お父さん」のCMなどはこれですね。

 

 

量を重視する場合は
直接的な販促に効果があります。

例えば、商品名を何度も連呼する。

この手のCMを見ていると不思議と自然に口ずさんでいることがありませんか?

 

これを参考に、ぜひ効果的な広告展開をしてください!

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ