購買を躊躇する顧客心理とは?

高額な商品やサービスを利用する場合、ほとんどの人が躊躇してしまいます。

この場合の顧客心理は、

この商品・サービスは

「自分にはまだ早いのではないか?・・・」
「うまく使えるだろうか?・・・」
「自分にはまだ似合わない・・・」
「自分には相応しくない・・・」
「着こなせるだろうか・・・」
「他人に何か言われるのではないか・・・」

といった意識が働いているからです。

これを「購買リスク意識」といいます。

では、このリスク意識をどのようにして解消してあげればいいのか?

ジェイ・エイブラハム(世界№1マッケターといわれている)の言葉を借りれば、

「顧客の手をとるように導く」ということ「顧客教育」が必要になる。

あなたの商品・サービスをどのように使えばいいのか、
どのように顧客の悩みを解決してくれるのか、
なぜその商品・サービスを買う必要があるのかを

あなたがリーダーシップを持って、事細かに説明して上げなければならない。

あたかも無邪気な子供を目標に向かって成長させてあげるように。

ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ