ドア・イン・ザ・フェイス

ドア・イン・ザ・フェイスとは何かと言うと、
前回紹介したフット・イン・ザ・ドアとは正反対の方法です。


最初にわざと断られるような頼みごとをして、
次にそれよりも小さな頼みごとをするというやり方です。

例えば、

営業:「○○を一年間使ってください」

あなた:「いや、一年もいらないよ」

営業:「それでは、一ヶ月だけでも」

あなた:「まぁ、一ヶ月くらいなら」

こんな経験はないだろうか。

これは、「まぁ、そのくらいならいいか」と言う気持ちが、無意識に働くためである。

ただし、注意点がある。

たとえうまくいったとしても相手にはいい印象は与えないし、
不躾なやつと思われるリスクもあります。

ですので、ある程度の信頼関係がある場合以外は使わないほうが無難です。

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ