社長の心理学

顧客獲得のための心理マーケティングで売上倍増

心理マーケティング

マーケッターのあいだでよく言われることだが 「迷ったらお客様に聞け。全ての答えはお客様しかわからない。」 全くそのとおりで、 お客様の行動は、販売者側の思惑通りにはいかにものです。 もし、お客様が何を考え、どんな行動をと […]

売上アップにつながる最適なBGMとは?

あるリズムの音楽を聴くと、気分が安らいだり、高揚したりすることは すでに実感としてあると思います。 では、購買行動を促進させるにはどんなリズムが有効なのか? アメリカのマーケティング学者ミリマンの実験によると スーパーマ […]

特売は毎週やってはいけない!

なぜ、特売(バーゲン)は毎週やってはいけないのか? アメリカの行動心理学者スキナーのねずみの実験を紹介すると、 何かの弾みで、 ねずみがレバーを押したらエサがでてくるということが数回続くと ねずみはエサがほしい時にレバー […]

顧客ロイヤリティーに結びつく戦略

記憶と感情には、深い結びつきがあります。 米クラーク大学の心理学者レアードは、学生に、2つの文章を読ませました。 1つは、読んでいると腹が立ってくるような汚職暴露事件の記事、 もう1つは、ウディ・アレンのユーモアがある […]

商品に対する高感度をアップさせる方法

あなたは、ナンを焼いているところが見られるインドカレー専門店に行ったことがありますか? 見ていて楽しく、なぜ大きな壷の裏に貼り付けるように焼くのかなど とても興味深く面白いものです。 きびきびとした動きが職人芸的でつい見 […]

思わず手にとってみたくなる顧客心理とは

多くのマーケティング調査の結果が示すように 何を買うか決めてくる「計画買い」は20%程度、 残りの80%程度は非計画的な「衝動買い」や「ついで買い」ということです。 売り手側が考えるほど、お客様は考えて買わないということ […]

損して得をとる発想

損して得をとる発想は、大手家電量販店やスーパーのチラシ広告が参考になります。 これらのチラシ広告などを見ると目玉商品の安さに驚かされますね。 どう考えても赤字だろうと思える価格です。 これこそが、損をして得を取る発想なわ […]

購買欲求を高める「ハレ気分」

ハレの舞台(祭りなど)の楽しい時は、時間が短いと感じます。 これは、日常を非日常の区間へと区分けするからです。 例えば、女性は化粧をすることで不安が減り、 自己への自信と満足度がかなりアップすることがわかっています。