フット・イン・ザ・ドア

営業マンが最初に覚えるのが、玄関の扉を開けてもらったら、まずは片足を入れること「フット・イン・ザ・ドア」を教えられる。
つまり、ドアに足を突っ込められれば売れる!そんな最初の一歩。

これを利用したものでよく見かけるのが、スーパーでの試食。

店員に「どうぞ食べてください」と言われ、食べる。
するとついつい買ってしまいます。

これは、「ただ食いする卑しい人」とおもわれたくない心理を利用しているわけです。

街頭での被災者救援の募金などでも見られます。
最初に署名してもらい、その後募金をお願いするとほとんどの人が募金してくれる。

「サインはしても、募金は嫌です」と言えない心理を利用している。

つまり人には、小さな要求を受け入れると、次の要求も受け入れやすくなるという心理があります。

また、
人は一度言うことを聞くと、次から断れなくなってしまうのです。

まずはお客様に「小さなYES」をもらうことがポイント!!

そうすると次の「大きなYES」につながります

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

よろしければクリックをお願いします。

Sponsor

このページの先頭へ