eメールでも顧客満足度は上がる。

ネットを使ってビジネスを行う場合、
eメールは DMに比べ双方向性をもちやすいため、
密なコミュニケーションが可能であり、 強力なツールといえます。

しかし、誤解も生じやすい。

 

実際に会って話す時には身ぶりや表情などから
微妙なニュアンスも知ることができるが、
eメールの場合はそうはいかない。

 

しかし、 ちょっとした工夫で、
この誤解を生じさせずに 顧客満足度をあげることができる。

そのために重要なポイントは、

  • 実際に会話しているように口語表現で書く。
    ただし最初から親しげな表現は逆効果ので、徐々に。
  • 書き手の自己開示が信頼感につながる。

 

例えば、その商品・サービスの開発秘話や失敗談など。

特に失敗談などは、
人間性を感じることでもあるので、好意的に受け止めらます。

時には、「私もおんなじです」といったメールや励ましのメールをもらう場合もあり、
双方向のコミュニケーションにつながる場合も、こうなればしめたものです。

このように感情をうまく表現することで
顧客満足度があがり、 受注にもつながります。

ちなみに私の会社では、
ホームページと、メールだけで受注しています。

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

よろしければクリックをお願いします。

Sponsor

このページの先頭へ