ブランド効果を長期的に高めるヒント!

長期的なブランドを気づくために、ちょっとした「ハレの気分」を活用すると効果的です。

人はすべて頭で考えて動くわけではなく、やはり感情で動くものです。

例えば、成人式の日や就職祝いに父親(あるいは恩師など尊敬する人)から
高級ブランドのネクタイをプレゼントされて嬉しかったとすれば、

そのブランドのスーツを購入するときもやはり嬉しいといった好感情になります。

感謝の気持ちがネクタイのイメージを膨らませ、ブランド効果を高くするわけです。

つまり成人式や就職といったイベントは、「ハレの場」であり「ハレの気分」といった
好感情を感じる時です。

この「ハレの場」の感情と一緒にもらった商品に特別な感情を持ち続けるため、
長期的にブランド効果が高くなるわけです。

ハレの場で、あなたの商品やサービスを販売できないか一度考えてみてはいかかでしょうか。
 

あわせて読みたい関連記事



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

よろしければクリックをお願いします。

Sponsor

このページの先頭へ